ダイオキシン類を徹底除去・除染

ダイオキシン類除去工法 確実な診断・安全作業「ケミカルDSR工法」


ダイオキシン類除去工法

これからの環境へ ダイオキシン除去

 当社は(財)日本建築センターよりアスベスト除去工法で審査証明を取得し、安全なアスベスト除去工事で培った多くの実績を礎に、平成14年より大・中・小型焼却炉のダイオキシン除去工事に取り組んでいます。

 厚生労働省通達 基発第401号(平成13年4月25日)により、火床面積0.5㎡以上もしくは処理能力50kg/hr以上の廃棄物焼却設備は解体処分が必要となりました。

 解体処分の実施にあたっては、保護具の使用、粉じんの飛散防止措置、化学物質に関する知識・経験・資格(関係法令で定められた)を有する者を常時現場に配置し、作業指揮者が不在にならないよう義務付けられています。

 ケミカルDSR工法は、アスベスト除去工事による実績をふまえ、安全かつ確実な管理マニュアルによりダイオキシン除去を行います。

arrow ケミカルDSR工法(ダイオキシン類除去工法)のご案内

ダイオキシン類除去工事の主な受注先:

各官公庁、各県市町村、学校、協同組合、JT、その他多数