253種もの菌・カビ・藻類の繁殖を阻止

抗菌フレッシュコート 253菌をシャットアウトし続ける比類のない抗菌塗料


主な特徴

抗菌フレッシュコート
  1. 卓越した抗菌・防かび性能
    一般建築から高い頻度で検出される57菌をすべて含む253菌を完全にシャットアウトします。O-157、MRSA、レジオネラ菌にも高い殺菌・抗菌効果を発揮します。
  2. 耐久性に優れた塗膜性能
    抗菌フレッシュコートシリーズの塗料はすべて、さまざまな悪条件下における耐久性試験をクリアしており、高い塗膜性能を有していることが証明されています。
  3. 極めて高い安全性
    抗菌フレッシュコートが採用する抗菌・防かび剤は、環境ホルモンに該当する物質を一切含んでおらず、その極めて高い安全性が公的機関により確認されています。

比類のない、幅広い抗菌スペクトル

抗菌フレッシュコート
バクテリア ... 69菌藻類 ..... 25菌
かび .......... 159菌合計 ... 253菌
他社類似製品
有機系無機(銀)系
合計 ............ 32菌合計 ..... 10菌

 世界微生物災害防止学会において確認された、一般建築物から高い頻度で検出される菌は57種類に上ります。

 抗菌フレッシュコートは、それらの57菌をすべて含む253菌に対して高い抗菌性を有しており、その幅広い抗菌スペクトルは他社製品を圧倒します。

食中毒や院内感染等の原因菌にも有効

財団法人日本食品分析センター
試験名称内容取得番号
O-157
殺菌抗菌試験
有効第190890293号
MRSA
殺菌抗菌試験
有効
レジオネラ
殺菌抗菌試験
有効

 O-157等の食中毒菌、MRSA等の院内感染菌、レジオネラ等のシックビル症候群原因菌による人体への悪影響が昨今社会問題化しており、各方面でその対策が急務となっています。

 抗菌フレッシュコートに配合されている抗菌・防かび剤インナーミルは、上記何れの菌にも高い抗菌性を有しており、その有効性が(財)日本食品分析センターにより証明されています。

長期間に渡る抗菌効果の持続性

インナーミルの抗菌効果

数十回にも及ぶ菌数減少試験により、無機系抗菌剤では試験開始後18時間で残菌率がほぼ0.0%となるものの、48~72時間の間に再び増殖が始まること、また、インナーミルでは48~72時間で残菌率が0.0%になった後、長期間に渡ってそのまま効果が持続することがわかっています。

MIL STD変法による評価試験をクリア

抗菌フレッシュコートの各製品は試験の結果、
評価0「菌の発育なし」
の最高評価でした。

※培養期間は28日~60日間で行い、試験菌は発生頻度の
高い57菌に加え、JIS試験菌を含む62菌を採用
(28日間の培養で3~5年以上の実質上の評価基準)

MIL STD変法(MIL-STD-810D METHOD, 508.3)はJIS規格と比較して、試験菌の数、培養時間、培地等すべてにおいて格段に厳しい条件下で実施される米軍規格のかび抵抗性試験です。同試験法は、世界で最も実際の現場に即した設定促進試験の一つと言われています。評価は 0~4の5段階で、 0 が「菌の発育なし」で最高評価とされます。

公的機関で証明された、極めて高い安全性

 (財)日本食品分析センターにおいて、抗菌フレッシュコートシリーズが採用する抗菌・防かび剤インナーミルの高い安全性が証明されています。

 通産省は現在、環境ホルモンに該当する物質が105種類存在していると発表していますが、インナーミルには、この105種類に該当する物質は一切含まれていません

財団法人
日本食品分析
センター
試験名称内容取得番号
変異原性試験陰性第199021134-001号
皮膚一次刺激性試験中等度刺激物第199021134-002号
急性経口毒性試験LD50=23,000mg/kg以上第199021134-003号
眼刺激性試験軽度刺激物第199021134-004号